コンテンツ

基盤地図情報 標高DEMデータ変換ツール

基盤地図情報の数値標高モデルを変換

国土地理院で公開している、基盤地図情報の数値標高モデル(5m,10m,250mメッシュDEM)を変換するソフトを作成しました。特徴は以下の通りです。

  • JPGIS2.1(GML)形式を、GISで利用しやすいGeoTIFF形式に変換します。
  • 2次メッシュや3次メッシュに分割されている範囲を結合します。
  • 投影法を緯度経度、UTM、平面直角座標系に変換できます。
  • 陰影起伏図を作成できます。
標高DEMデータ変換ツール使用例

ダウンロード

こちらから最新版Ver1.5をダウンロードしてご利用ください。

基盤地図情報 標高データ変換ツール ダウンロード

使用方法

  1. 国土地理院「基盤地図情報ダウンロードサービス」からJPGIS(GML形式)の標高データをダウンロードする。
  2. 標高DEMデータ変換ツールフォルダ内にある変換結合.vbsをダブルクリックして、変数の入力後、1.でダウンロードしたXMLファイルが入っているフォルダを選択する。
  3. フォルダ内のXMLが、すべてGeoTIFFに変換される。(投影法は緯度経度)
  4. すべてを結合したGeoTIFFがmerge.tifという名前で保存される。(2.で選択した投影法)
  5. 陰影起伏図がmerge_shade.tifという名前で保存される。(2.で選択した場合)
★補足事項
  • ダウンロードしたファイルをすべて変換して結合したい場合は、XMLファイルを一つのフォルダに入れてください。
  • 陰影起伏図の作成には、少々時間がかかります。
  • 投影法を緯度経度にした場合は、陰影起伏図は作成しません。
  • 非日本語環境では、変換結合.vbsの代わりに、convert_and_merge.vbsをご利用ください。(今木様ご提供)

関連リンク

注意、免責事項

  • 基盤地図情報を利用する際は、国土地理院『測量成果の複製・使用』を参照してください。
  • 当ソフトで変換されたデータの精度に関しては、一切保証いたしません。
  • 当ソフトウェアを使用することにより発生した直接的、間接的な損害に対して当社は一切の責任を負いません。
  • 当ソフトはMITライセンスです。
    1.このライセンス表示および著作権表示の記載をすること
    2.作者は使用に関して責任を負わないこと
    以上を守って頂ければ、商用、改造、再配布等に関して制限は特にありません。

更新情報

  • Ver1.5 2014/2/27 一部のデータでエラーが出る不具合を修正。epsgコード定義の使用。段彩図の停止など。
  • Ver1.4 2012/9/21 UTMへの変換時に使用する楕円体をWGS84からGRS80に変更
  • Ver1.3 2011/2/14 変換結合.vbsの英語版convert_and_merge.vbsを追加。
ページの上部へ戻る▲